読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの点と線

@suzuki_buffalo 結びます

高慢と偏見

DTM 日記

 大手企業の冬のボーナスは約90万円ほどだったらしい。それと比べてしまえば端金程度のものであるが、昨年末、地方中小企業勤務3年目のぼくにも待望のボーナスが訪れた。基本的に貯蓄がないので、家賃光熱通信費を削ぎ取られても銀行口座に小金が滞留していることそれ自体が有難かった。自転車操業の脚を止めたのは、就職以来これが初めてとなる。思い切った買い物をするのか、これを機に蓄えを作っていくのか――等と特に思い悩むことなく、衝動的にMacBookを購入することにした。考えてみれば、宵越しの金を持てたことは少ない。

 そもそもMacBookについては大学在学中より欲しい欲しいと金切り声を上げてきていた。黒人の子供はトランペットを、都心の大学生はMacBookを欲しがるものなのだ。といっても、ぼくはMacBookを小洒落た喫茶店で己の能力の担保にと引き回したい訳ではない。DTM環境の自室外への持ち出しを慎重に検討した結果「必要」と判断したのだ。足立区の木造アパートで怒り狂う暴漢の影に怯えながら弱々しい音をマイクに吐くのはもう御免だった。ぼくは生まれ変わるのだ。

 Appleの公式サイトでカチカチとボタンを押していくだけで、あなたにぴったりのMac製品が選定されるらしい。なんて親切なんだろう。作曲ソフトを動かすにはPCスペックが重要なので、モデルはもちろんMacBook""Pro""だ。30歳を間近に控え、すこしづつ老眼の気配を感じているため、サイズは大きめの15インチを選んだ。オプションは控えめに抑えたが、言わずもがな、保証プランにはしっかり加入しておいた。大満足の買い物だ。晴れてぼくは木造アパートの外に出ることができる。ひそひそ声のボーカルやソフトタッチのギターとは、おさらばだ。冬の朝に鼻孔を抜ける寒さに似た、つんとさわやかな気持ちだった。上機嫌のまま手続きを進め、バッグに入った商品をひととおり目で追い、会計を確認すると30万円を超えていた。高っけェ!!?新型MacBookProは賞与の額面よりも高額だったのだ。結局、ぼくはトランペットを18回払いのローンで購入した。

 こうして待つこと2週間と少し。一般的な常識を備えた音楽の好きな若者が「たぶん一生使うだろうから」と奮発して買うギターの2倍の値段のパソコンが届いた。高額な買い物のため、極力大切に扱いたい。本体保護グッズを調べてみると、いわゆるブロガー系のガジェットレビューサイトが大量にヒットした。信じられない量だ。そしてその有象無象たちは不思議なことに、皆一様に「スタイリッシュ」「スタイリッシュじゃない」のどちらかで商品を評価していた。なんでも、新型のMacBookはスタイリッシュさを追求した結果従来のUSB端子やHDMI端子が挿せない構造になっているため、延長コードの要領でポートを外付けする必要があるのだが、これがごちゃごちゃとしたタコ足配線となるためスタイリッシュではなく、しかしブロガーの私が紹介するこのUSBハブを使用すれば、Mac製品が本来備えたスタイリッシュさを維持したまま高い機能性を発揮できたりするらしい。うるせえ!!死ね!!!形から入るな!!!!情弱のぼくはヨドバシカメラに趣きそこで最高の買い物をした。ようやく、宅録環境が整った。

 巷ではsuchmosがアシッドジャズ世代だったアッパー系のアラフォーにバカウケで、調べてみるとメンバー全員がぼくより年下らしい。素晴らしいの一言である。ぼくはもう若者とは呼べない年齢になってしまったが、今年の目標として、年相応の落ち着きをもって、ゆっくりと自分の趣味に没頭していきたい。スタイリッシュでなくてもよいのだ。愚直に向かっていくことがよいのだ。サーバルちゃんやみりあちゃんもそんな感じのこと言ってたし。結局、ぼくのMacBookは信じられないくらいのタコ足配線で、外部音源の処理に手こずり今日も元気に放熱している。最高の1年が、ついに始まろうとしている。