暮らしの点と線

@suzuki_buffalo 結びます

此の家の記録

 台風とともに繁忙期が過ぎていった。低気圧が去ったおかげか、最後の夏は青く青くからりと晴れた。九月を目前に控えた愛知県はまだまだ日中は残暑がきびしく、しかし日が落ちてみるとたしかに秋の気配がする。関東の同期は十月、関西の同期は十一月に退職をする予定らしい。ぼくは冬になるだろうと思う。転職活動は日進月歩と言うよりは一進一退で、ぼくが二の足を踏んでいる間にも、あたらしい繁忙期がすぐそこまで迫っている。

 名古屋はぼくにとって新天地だった。新しい仕事に引っ張られて、生活も様変わりした。地元の個人商店でコーヒー豆を挽いてもらった。名古屋用にとダンベルを買い直した。自分自身が少しづつ、愛知県に根付いていく。経験もないのに中古のベースを買って、音階も知らないのにシンセサイザーを重ねて、新しく音楽を作り始めたりもした。疲労亀裂のようなものを感じながらも、ぼくは燃えかすを集めて火をくべようとしている。新しい環境は、どのような形であれ何らかの切掛をくれるのだ。

 八月最終日、ぼくは唐突に部屋の掃除をはじめた。仮住まいは、転居から三月に満たないながらも水回りを中心になにやら壊滅的な様相で、ヨシと意気込み腹に一本槍を括らねば手を付けられないほど仕上がっていた。蛙の卵に似たゼリー状のカビを食器から引き剥がし、ついでにシンクもざあっとひと撫でしてやる。手洗の床に転がる丸芯をすべて回収し、本体をブラシで擦ってやると、便器はみごとに陶器本来の色を取り戻した。床に転がるペットボトルはひとつも開封することなく中身ごと処理した。手を付けてみれば何ということはなく、小一時間程ですべてが綺麗になった。ほのかに洗剤臭の漂う室内で、ぼくは十月と十一月まであとどれくらいなのか考えていた。