暮らしの点と線

@suzuki_buffalo 結びます

「ブラック企業リスト」違反法令別の所見

www.huffingtonpost.jp 「ブラック企業リスト」が厚労省ウェブサイトにて公開された。電通過労死事件をうけて昨年末に公表した「過労死等ゼロ」緊急対策の一環としての試みだったのだが、過労死の要因にあたる長時間労働についての公表は40社程度に留まって…

高慢と偏見

大手企業の冬のボーナスは約90万円ほどだったらしい。それと比べてしまえば端金程度のものであるが、昨年末、地方中小企業勤務3年目のぼくにも待望のボーナスが訪れた。基本的に貯蓄がないので、家賃光熱通信費を削ぎ取られても銀行口座に小金が滞留している…

二流の人

良質な新卒求人は春先から夏にかけて多く見受けられるが、秋を過ぎる頃にはぐっと数を減らし、やがて冬になり、翌年度の採用求人が掲載される頃になっても売れ残り続ける求人の質はひどいもので、しかし追い詰められた就活生は得てして頭が狂っているので、…

春の鳥

光陰矢の如し。日々はめまぐるしく、人生はままならない。そうでなくとも、春先の陽気にも似た暖冬で、どうにも季節感が掴めていない。四季が円のように一巡するとして、その穏やかなグラデーションを示すつぶさな芽吹きなどを嗅ぎ分けることによって、自身…

此の家の記録

台風とともに繁忙期が過ぎていった。低気圧が去ったおかげか、最後の夏は青く青くからりと晴れた。九月を目前に控えた愛知県はまだまだ日中は残暑がきびしく、しかし日が落ちてみるとたしかに秋の気配がする。関東の同期は十月、関西の同期は十一月に退職を…

悪の教典

特に告知はしていませんでしたが、秋口まで愛知県で暮らすことになりまして、現在は名古屋駅から鉄道で数十分ほどの郊外に居を構えております。地元の方にはそれぞれ思い入れもあるでしょうから、町の様相について何か批評めいたことはいたしませんが、都心…

変身

カンボジア国への出張中に一か八かで購入した充電プラグは何処とも知れぬ第三国の製品で、当時使用していたぼくのスマートフォンは過電圧をもろに受けて文鎮化した。とはいってもデータの紛失についてはアイクラウド等という何やら万能そうな横文字に根拠の…

東京電力に四五〇〇円、水道局に二二〇〇円、そして東京ガスに隔月で一七〇〇円ほど。二六歳の一人暮らしには、毎月おおよそ八〇〇〇円ほどの光熱費が掛かっている。以前、これら全ての支払いを滞らせたまま二ヶ月を経過させたことがある。きっかり二ヶ月と…

Naimachi vol.2 レビュー

DTM

『Naimachi Record Compilation vol.2』が、めでたく配信開始になったとのこと。AmazonMP3とiTunesの両者で販売されており、AmazonMP3のデイリーランキング7位と初動は好調なようだ。通勤中に全曲通しで何回か聴いてみたが、ネットレーベルの作品ということ…

Naimachi第二弾に参加いたしました

DTM

Twitter発の音楽レーベル「Naimachi Records」より、第二弾目となるコンピレーションアルバムが発表される。 (Naimachi Recordについては以下の記事を参照のこと) basement-times.com そのアルバムに、下手の横好き10年選手のぼくが、ロートル枠で参加してい…

ヤバそうな企業にありがちな常套句について

過重労働に発狂しながらポエムを吐き続けているTwitterで、先日このようなリプライを頂いた。 @suzuki_buffalo 就活生です(企業に特定されるので別垢から失礼します…)。鈴木さんのおかげで説明会の時点で「なんとなくここはヤバそうだな…」というのがわか…

桜の季節

二〇一二年の就職活動中にぼそぼそと呟きはじめたTwitterも、今年で四年目となりました。当初、「イケメンバッファロー鈴木」という意識の高い猛牛アカウントだったぼくも、就職活動によって立派な角をたたき折られ、その他多くの紆余が曲折し、鈴木ザ煉獄丸…

舌禍

二月の後半から三月にかけて、上長曰く「ここ数年で類を見ない繁忙期」が直撃し、ぼくは物理的にまったく身動きが取れなくなってしまっていた。週に六日半を仕事に費やしても、残った半日があればそこに私用を突っ込むのがぼくのやり方で、事実これまではそ…

波うつ心地

腸が弱いのか、あるいは活発であるのか、常に下腹部に不帯感がある。昨夜のごちそうが這い回り、うねうねと動いている。そいつが時折、ぼくの下腹部の下の下を、とんとんと叩く瞬間がある。それはたいてい通勤電車の中で起こり、職場の最寄り駅を出てから社…

他人の顔

残業を切り上げ帰路につき、Twitterを確認すると、大小の通知に混じって何やら大きな反響のある言及があった。どうやらぼくが使用していたプロフィール画像について、画像の著作者より直接の使用取止め要請を頂いていたようだ。リプライはご丁寧にも衆目に触…

恵方のおわり

うつらうつらと二度寝を繰り返して出勤時刻となった。繁忙期と閑散期のくっきり分かれた波のある職場で、秋から冬にかけては高波が押し寄せる。この頃になると退社時刻は目に見えて遅くなり、家事や趣味に割く時間もぐっと減ってしまうのだが、ぼくはどうし…

ハースストーンの話 ウォーロック編

性懲りもなくまたハースストーンの記事です。 ハースストーンについてはひとつ前の記事をご参照ください。 suzuki-buffalo.hatenablog.com ウォーロック=ZOOの風潮に中指をおっ立てる渾身のファンデッキを作りました。 [ウォーロックのもぐもぐGOMBO] 古代…

ハースストーンの話

今年に入ってからハースストーンというデジタルカードゲームを始めた。ざっくり言うと「マナが毎ターン自動で溜まるマジック・ザ・ギャザリング」だ*1。PCブラウザ/スマートフォン両対応で、自宅のPCからでも出先のiphone/Androidからでも同一データで遊ぶこ…

雪隠入門

道を歩いていると、手提げの鞄を何かに引っ張られる。ぎょっとして振り返ると、何者かに掴まれた訳ではなく、自分から道端の自転車に引っ掛けてしまっただけだとわかる。ぼくは基本的に身体を操ることが苦手で、その中でも特に「身体の延長」という項目の成…

洗う男

もう一〇年近く一人暮らしをしているが、家事スキルに進歩が見られない。大学進学を機に上京してから今日に至るまで、ぼくの炊事力は「お湯を沸かす」地点より先へは到達していない。洗濯・掃除についても同様で、「洗濯機のボタンを押す」「物を一箇所に積…

雪路

早起きの甲斐あって、雪がごうごうと降る様子を一寸見ることは出来たが、支度を済ませて家を出るころにはすっかり雨に変わっていた。積雪で排水機能が麻痺しているのか、そこらじゅうが水浸しになっている。路肩は特に酷く水が溜まっており、車道と歩道の境…

バターコーヒー雑考

takasuka-toki.hatenablog.com ぼくの影響元であるTwitterの知り合いが、バターコーヒー継続二週間目のレポを記事にしていたため、こちらもバターコーヒーについて何か書こうと思います。 文明のおこり ぼくはそもそも、バターコーヒーという発想が、「なぜ…

歳月記

帰省の折、祖父が今年で八二歳になると耳にした。「爺さんもう八二で、いつ死ぬるかもようわからんのに、元気じゃろ」と祖母は言う。確かに祖父はまだまだ利発で、痴呆者特有の愚鈍さはない。四〇歳で独立し、地域の仕事を引き受けて繁盛させた。引退後は「…

帰省獣

学問に王道なし、と言うが、帰省ラッシュにもまた王道はない。正確には、王道こそあれど、そのあまりの人口過密ぶりからもはや王道でなくなってしまっている、と言うのが正しい。高速道路は大渋滞、新幹線は椅子取りゲーム……それが日本の帰省ラッシュだ。尤…

年の瀬の話

二〇一五年もめでたく一段落し、申し訳程度の年末を残すのみとなった。昨年より僻地への出張が多かったが、今年は二月からいきなり発展途上国へ飛んだ。三月にはすでに一文無しになっており、現地民に食物をたかりながら帰国まで粘った。四月以降は開通直後…