読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの点と線

@suzuki_buffalo 結びます

日記

 

 東京電力に四五〇〇円、水道局に二二〇〇円、そして東京ガスに隔月で一七〇〇円ほど。二六歳の一人暮らしには、毎月おおよそ八〇〇〇円ほどの光熱費が掛かっている。以前、これら全ての支払いを滞らせたまま二ヶ月を経過させたことがある。きっかり二ヶ月と一日目に、電気が止まった。幸いにも水は流れており、ガスの力で温水にすることもできたのだが、電気のない生活は驚くほど質素で、ぽつりと孤独だった。夕暮れ時、徐々に薄暗くなる室内で、おそらく癖になっていたのだろう、ぼくはパソコンのスイッチを押した。おかしいなと思い二度押して、電力供給が断たれていたことに気付く。部屋がやけに静かなのは、浴室の換気扇や冷蔵庫のファンが止まっているためだった。携帯電話は深刻なバッテリー不足で、夜まで持つか分らない。電気を失い、水道やガスの停止も時間の問題という状況で、ぼくは「どこかから八〇〇〇円が湧いてきてくれれば」と願った。

 

 どこからか八〇〇〇円を入手するに最適なWEBツールをnoteといい、北条かやは八〇〇〇円を搾り取る天才だった。北条かやの才能のすべては、女に生まれたという事実その一点に集約される。騎士たちの庇護欲は、正真正銘女の匂い香でなければ掻き立てることはできない。彼等は盲目のようでいて、偽物の女にはとびきり敏感なのだ。ぼくがコスプレで女をやってみても、八〇〇〇円は献上されないだろう。かくして、匂いたつほど女を散りばめた北条かやが提示したのは、自身を姫君とした絶対王政だった。国民すべてが騎士だった。騎士道とは厳しきものである。か弱い君主を守護しながらも、租税を納めねばならぬのだから。noteの販売価格は記事ごと四〇〇円に始まり、読み放題五〇〇〇円、二〇〇〇円、三〇〇〇円、四〇〇〇円、八〇〇〇円など変動を繰り返し、そのたび騎士たちは信仰の剣を研ぎ澄ませねばならなかった。集金装置は、君主の夭折を以てのみ閲覧停止になるとされた。

 

 ぼくの未払いの光熱費は、その日のうちに交友関係より湧き出てきた。音楽関係の親しい先輩のご厚意により、ぼくの定期圏内で落ち合い、電気代とガス代と、それから一杯のラーメンと帰りの交通費を頂いた。それがちょうど八〇〇〇円だった。給与支給日を二日後に控えた惨めな救済だった。ぼくは騎士ではないが、この時ばかりは騎士道の如く義に忠実であれと己の肝に銘じた。縁の切れ目を己で拵えてはならぬと繰り返し唱えた。数日後、誠実と評すのは非常に痴がましいが、ぼくは手渡しで以て大恩を完済した。

 

 北条かやは八〇〇〇円を搾り取る天才だが、いささか誠実さに欠けるきらいがあり、その不義は騎士の盲目の眼にも余るものであるようだった。憂いを湛えた君主の盟約は次々と覆され、それに疑問を抱いた気高き騎士はたちまち騎士団より除名となった。女に――北条かやの言葉を借りれば「ヘテロ女」に生まれたというたった一つの才能によって結成された親衛隊を、彼女は自ら手放してしまった。世が世なら叛逆に遭い断頭台を持ち出されても不思議ではない所だが、騎士たちのなかには未だ剣を握り続ける者もいる。見上げた忠義だが、それに反して彼女には義を通す気はさらさら無いようだ。それこそ、逆立ちしたって光熱費さえ出ないこの屑の若者よりも。

 

 

 

f:id:suzuki_buffalo:20160419235708j:image

 

 

 

Naimachi vol.2 レビュー

DTM

 『Naimachi Record Compilation vol.2』が、めでたく配信開始になったとのこと。AmazonMP3とiTunesの両者で販売されており、AmazonMP3のデイリーランキング7位と初動は好調なようだ。通勤中に全曲通しで何回か聴いてみたが、ネットレーベルの作品ということで、「パソコン」のみを共通項とした雑多なコンピレーション感が色濃くて面白い。

 

 以下、曲ごとの感想。

 

 

01.Time Flies / Now noc - twitter

 非常にアンビエントな楽曲。複数のフレーズを使用間隔を空けてループさせており、1セクションに音を詰め込みすぎていない為フレーズが頭に入りやすいです。朝の少し肌寒い時間帯に街を歩きながら聴いたので、そのシチュエーションも相まって非常に好印象。アルバム1曲目の「何か始まりますよ感」を有しているところが良いですね。

 

 

02.Sink / amanec - twitter

 Sinkと言いつつ適度な浮遊感。全体的にどキャッチーでどこから聴いても楽しめる。電子音ならではの美味しい「あそび」が詰め込まれており、聴くたびに新しい仕掛けに気付けて良いですね〜〜大満足です!!というかこの曲だけレベル違いませんかね・・・これの後に来る曲とかクオリティの落差が浮き彫りになっちゃって完全にピエロになっちゃうでしょ。

 

 

03. giragira / 鈴木バッファローズ

 ぼくがピエロになってしまった(震え声)

soundcloud.com

  ぐやじい(涙声)

 元々秋に発表される予定のアルバムだったので冒頭で秋とか口走ってますがすでに完全に春です。季節感のないピエロが踊り狂う楽曲は普通に無償で公開されています。

 

 

04.歯車 / 青野くん - twitter

 現在20代後半の人間の懐古スイッチをピンポイントに押してくる楽曲。「ああ^〜〜〜BUMP OF CHICKEN最高なんじゃあ〜〜〜〜」みたいな自分がひょっこり顔を出してきてびっくりした。キラキラしたメインリフと前向きな曲調が歌を引っ張っていて、テンション高く聴けるのが良いですね。絶妙な塩梅。あと全く関係ないですが、ボーカルの声が遠すぎて平成の向井秀徳かと思いました。

 

 

05.あいうぉんち / 田野ひまり♨️ - twitter

 Naimachiコンピ、電子音勢のレベルが高いです。家のギター全部燃やしました。突き抜けてポップなのですが完全な電波にならないバランス感覚が良いですね。アルバム全体で見ても屈指のリードトラックだと思います。しかしボーカルが意味わからんくらい癖になりますね。脳の真ん中あたりが完全に馬鹿になりました。

 

 

06.By always / Specta - twitter

 アルバムも折り返し地点、2曲目のインストですが、ゲーム感がとんでもないことになってます。レトロな感じを出しつつしっかり今風なのが良いですね。サビに準ずるポイントが明確にあって、割合自由な展開を挟んでもメインのフレーズに戻ってくるので、やや難しめの構成でありながら聴いていて安心感があります。オーッ、これこれ!待ってたんだよーッ!となります。

 

 

07.交差点 / Saf - twitter

 オッシャ〜なカッフィ〜で流れてるやつです。デジタル勢が覇権を握るNaimachiコンピ内において、ギターと歌とすこしのパーカッションというアコースティック編成は目を引きます。ぼくはノンデジタル側の人間なので、こういった曲があると安心感がありますね。何というか、こう、己のあるべき場所に帰ってきたというか・・・

 

 

08. 犬宇宙人 / Tommy - twitter

 正統派アコースティックの後は正統派ロックです。これNaimachiコンピ内で一番バンドバンドしてますね。「犬宇宙人」という単語情報を曲名として出してくれているので、初聴でも歌詞が聴き取りやすく曲のフレームが理解できるのが嬉しいです。あと声が良いですね。忙しなくないロックにぴったり嵌った歌声、ベリグーです。

 

 

09.Lightning Disco / むかし僕が死んだ家P - twitter

 アコースティック、ロックときて、次はいよいよ正統派ボーカロイドです。歌やサウンドの密度をミッチミチに詰められるのがボーカロイドの良いところですが、今回の楽曲はスローテンポRemixのため、原曲(6曲目)ほどミッチミチに詰まってないみたいです。聞くところによると、どうもこれ、iPhoneで作った楽曲らしいです。マジかよ。デバイスモンスターかよ。

 

 

10.Last Summer / ラブリーコアラ - twitter1 twitter2

 アルバムの終盤に絶対に欲しい曲調、まさにこれですよね。ぼくはディストーションでドカーンとやって力技で盛り上げることが多いんですが、この曲みたいにちゃんと作ればディストーションでドカーンとやらなくても盛り上がるんですよね。程よくエモい大団円感がとても良いと思います。地味に波音を入れてくる小技も季節感に大きく貢献。

 

 

11.ロマンシア / ロロイ - twitter

 アルバム最後の曲、インスト3曲目ですが、こちらの方はレトロに振り切ってますね。最後にこれを聴くと、全11曲の〆としてのスタッフロール感が凄いですね。舞台袖から桃鉄の絵柄で全員出てきそう。余談ですが、この方の新曲、マジで激ヤバですよ。全員聴いてください。

 

 

以上、総評です。感想はただただ「良い」の2文字です。

 

『Naimachi Record Compilation vol.2』ですが、下記より全曲ご視聴いただけますので、興味のある方はぜひ一度リンク先に飛んでみてください*1

 

NaimachiRecord compilation vol.2

NaimachiRecord compilation vol.2

  • Various Artists
  • J-Pop
  • ¥1500

 

www.amazon.co.jp

 

 

 

*1:アフィリエイトではないので、リンクからアルバムをご購入いただいてもぼくの転職資金は増えません。ピエロの曲を買ってください

Naimachi第二弾に参加いたしました

DTM

 

 

 

 Twitter発の音楽レーベル「Naimachi Records」より、第二弾目となるコンピレーションアルバムが発表される。

 

 (Naimachi Recordについては以下の記事を参照のこと)

basement-times.com

 

 そのアルバムに、下手の横好き10年選手のぼくが、ロートル枠で参加している。よくよく話を聞いてみると、どうも参加アーティストの中には現役の大学生もいるようで、その若さにただただ唖然とする。大学生。ぼくと少なくとも5歳は違う個体だ。肩の異常な凝りや、ヘルニア寸前の腰の痛みなどを感じないパワフルな世代だ。中学とか高校の時からスマートフォンを触っていたような生粋のデジタルネイティブとパソコン音楽のフィールドで殴り合うのは、老人側のこちらが圧倒的に不利である。こうなるともう、ぼくはただひれ伏すことしかできない。余談だが、ひれ伏すという姿勢は、腰に強い負担が掛かる*1

 

 ぼくがまだ大学生だった頃は、ロック馬鹿はJAMに出るとか、ゴリゴリ系はAntiknockが定位置だとか、場所ごとの色というか、シーンというか、何かはっきりした同一性があった*2

 Naimachiにも色がある。総じて、電子音の割合がとても高い。やはりインターネットに端を発するレーベルであるため、「歌」や「ギター」*3ではなく「パソコン」で繋がっているのだろう。中にはスマートフォンで製作した楽曲もあるというから驚きだ。とにかく、アルバムを通して全体的に、ギターのコードをジャラーンというアプローチは少数派である。ぼくはロートルなので当然ギターをジャラーンしているのだが、ことNaimachiの楽曲群については、やはりFUKASEは正しかったのだなと言わんばかりのGUITAR NO OWARIを感じさせるラインナップなのだ*4

 

 そんな新時代のコンピレーションアルバムこと[Naimachi Record Compilation Vol2]だが、iTunesやAmazonMP3の審査が下り次第配信開始となるとのことなので、ぜひ留意しておいて欲しい。

 ぼくの分の収録楽曲については個人のSoundcloudで無償公開する予定だが、母体のアルバムが配信解禁前ということで、本日の時点では予告編のみ公開している。味見程度に拝聴いただければ幸いである。

 

 

soundcloud.com

 

  

 

*1:ひれ伏す場合は、腰に負担を掛けてでも臀部を高々と掲げるのが流儀である

*2:こじらせたサブカル野郎のぼくはMotionやGOODMANで猛烈な変拍子の曲を弾いたりしていたが、後に心を入れ替え、残響レコードの勢いが落ちてから中途半端なオルタナの溜まり場になった渋谷乙で猛烈にPOPな王道ソングなど歌うようになった

*3:バンドマンの弾き語りの最小単位

*4:「もしもピアノが弾けたなら」という気持ちになった。本当になった